aaaa

どうして宇宙線の探究?

どのようにして宇宙ってできたんだろう?素粒子ってどういうものなんだろう?こういった天文や素粒子の不思議は中高生にとってこれまで「本の中の世界」でした。いずれも大型の加速器や検出器などが必要でとても測定を通した探究ができなかったのです。ところが、ここ最近の技術の進化で宇宙線の検出器が中高生でも使えるぐらい手軽になることでこれが一変しました。  

 今では全国の中高生が宇宙や素粒子の研究を検出器を使って行っています。ちょっと専門的な研究にみえますが、宇宙線や放射線を測るだけならそこまで難しくありません。宇宙線や放射線測定を通して、測り方や魅力を感じてみてください。

宇宙線や放射線について

放射線とは

以下、簡単に放射線に関する基礎知識を掲載しています。より詳しくは宇宙線関連資料を参照してみてましょう。

放射線とは

放射線は様々な高エネルギーの素粒子や電磁波のことで、アルファ線、ベータ線、ガンマ線といったものから中性子、ミュオン、陽電子、重イオンなどあらゆるものがあります。それぞれ特徴があり、物質をどの程度通過するか、シンチレーターでどの程度光るか等が異なります。

放射線はどこからくる?

自然放射線

宇宙線

宇宙空間を飛び交っている粒子で、陽子やヘリウム原子核等様々な粒子が地球にやってきています。これは一次宇宙線と呼ばれ、その一次宇宙線が地球に入射した際に、大気の原子核との間の核反応で発生する二次粒子(二次宇宙線)が実際には地表に到達します。二次宇宙線は様々な物がありますが、主にミュオンが測定対象になります。

天然放射性核種からの放射線

大気・地面由来:大地や建物、その他身の回りのあらゆる物質に一定の放射性物質が含まれており、それらの崩壊によって放射線が放出されます。例えば花崗岩には一定数のウランが含まれており、放射線を発します。これらの放射性物質はその崩壊によって主にアルファ線・ベータ線・ガンマ線といった放射線を発します。

人工放射線

  • 人工放射線:レントゲンやCTといった医療放射線などがあります。