30.Jan.2022

International Research for School 2022

Purpose

目的

International Research for School 2022 features the cross-border research activities of geoscience and physics by junior and senior high school students. Students introduce their research collaboration and recent result and have a chance to expand their research networks.

外国の中高生と共同研究を行いませんか?International Research for School 2022 featuresではNASAやアメリカの研究機関が中高生でも参加できる研究 機会やツールを紹介してくれます。その他、たくさんの外国との共同研究をしている中高生と交流することができます。是非興味 のある研究をみつけて自ら飛び込んでみてください!


What kind of collaborations can you touch?

どんな中高生国際共同研究に出会える?

International collaboration makes research interesting. Let's think about the cosmic ray. They arrive anywhere on Earth so that every student in the world has a chance to detect it. Various kinds of research can emerge from comparing cosmic-ray with different countries, such as climate, geomagnetism, and so on. Geology is also one of the nice targets of international collaboration e.g. compare the soil in each location.

様々な研究が国際共同によって面白いものになるでしょう。例えば、地磁気の環境が異なる日本とアルゼンチンでの宇宙線観測比較を行っている高校生が登場します。その他、NASAが提供する惑星のデータ可視化ツールを使った探究事例をNASAのアウトリーチ活動を行っているスタッフから紹介があります。

Let's share the way of collaboration with other countries. Student research groups use various types of communication tools such as Zoom (video chatting) or Slack (text chatting). If you are a student or teacher, you can have a chance to collaborate with students speakers.

中高生による国際共同研究はどのように行えばいいのでしょうか。実際に様々な国と共同研究を行っている中高生がどのようなツールを使ってコミュニケーションをとっているか等具体的な交流の仕方を紹介してくれます。こういった中高生とみなさんが共同するきっかけになるかもしれません。


Information

概要

Date
30 January 2021,JST 8:00 - 10:00 (EST 18:00 - 20:00)
Site
Zoom webinar
The way of sessions
High school students introduce their research while talking with a host. Guest panelists interact with students to explore new collaboration. Audiences can ask a question by Q and A in each session.
日時
2021年1月30日 8:00 - 10:00 JST
方式
Zoom webinar
概要
他国と国際共同研究を行っている中高生から研究紹介があり、それにパネリストが質問をしていくトークと、国際共同研究に使えるツールや研究データなどをNASA等の国際共同機関から紹介があり、それに中高生が質問をしていくトークの2つがあります。いずれも、Q&A機能によって視聴者からもライブで質問をすることができます。

Schedule

スケジュール

8:00-8:10 JST
18:00-18:10 EST

Introduction

account_circle Kazuo Tanaka

8:00-8:10 JST

イントロダクション

account_circle 田中香津生

8:10-8:25 JST
18:10-18:25 EST

Polymer gel dosimetry for X-ray, gamma-ray, and ion beam

account_circle Wakana Yanagimoto  Kenneth Cecire

Beamline for schools invites teams of high-school students to propose a scientific experiment at a particle accelerator in Germany. The international collaboration team between Japan and Argentina was shortlisted for it by the proposal about the polymer gel dosimetry.

8:10-8:25 JST

様々な放射線による人体での被ばく線量分布をゲルを使って測定

account_circle 高3 柳本和奏  Kenneth Cecire

Beamline for schoolsドイツの大型加速器施設DESYのビームを使った実験を世界の高校生から募集する企画です。 日本の柳本さんはアルゼンチンの科学クラブと共同して「ゲルを用いた線量分布測定」というテーマで2019,2020年とこの課題募集に応募し、いずれも最終選考まで残りました。

8:25-8:40 JST
18:25-18:40 EST

Comparison of cosmic-ray arrival frequency in Japan and Argentina

account_circle Mika Takanashi  Guest speaker from AGI

Japan and Argentina research group try to compare the cosmic-ray arrival frequency between both countries. Argentina is in a magnetic anomaly band that we try to search through this measurement.

8:25-8:40 JST

日本とアルゼンチンでの宇宙線到来頻度の違い

account_circle 高梨美佳  Guest speaker from AGI

日本の中高生とアルゼンチンの高校生で共同して宇宙線を測定して、その到来頻度を比較しています。アルゼンチンは磁器異常帯とよばれる地磁気が弱いエリアなので、宇宙線の到来頻度が有意に多いことが予想されています。

8:40-8:55 JST
18:40-18:55 EST

International Cosmic Day

account_circle Kotono Arai  Waka Suehiro  Yui Morimoto    Yuzuka Sasaki  

In The International Cosmic Day (ICD), students, teachers, and scientists who are involved in cosmic-ray research work come together to talk to each other online. Some student research groups in Japan joined the 10th ICD and communicated with oter research groups.

8:40-8:55 JST

International Cosmic Day

account_circle 高1 新井詩乃 高1 末廣和夏  高1 森本結衣  中1 佐々木柚榎  Carolin Schwerdt  

International Cosmic Day (ICD)ドイツのDESYが主催する世界の1000を超える中高生が参加して交流する宇宙線探究活動のイベントです。このイベントではそれぞれの探究活動を紹介・交流することができ、日本から参加した中高生からその様子について紹介してもらいます。

8:55-9:10 JST
18:55-19:10 EST

Quarknet

account_circle Kenneth Cecire  Japanese Student  

Quarknet in United States provides a various type of outreach events and tools for particle physics. It provides a cosmic-ray detectors for many countries includes Japan.

8:55-9:10 JST

Quarknet

account_circle Kenneth Cecire  Japanese Student  

Quarknetアメリカを拠点として様々な素粒子探究啓発活動を行っています。その中でも日本の学校にも送られている宇宙線検出器とそれを用いた活動について紹介してもらいます。

9:10-9:25 JST
19:10-19:25 EST

 research for meteorite

account_circleJapanese Student in Seiko-Gakuin  

About research for meteorite with school in London

9:10-9:25 JST

 隕石の分析

account_circle聖光学院の高校生  

イギリスと共同で行われる隕石の分析に関する研究を紹介してもらいます。

9:25-9:40 JST
19:25-19:40 EST

SOLAR SYSTEM TREKS

account_circle Brian Day  Yuzuka Sasaki  

Introduction about the SOLAR SYSTEM TREKS which is a web-based portal for exploration of planets and asteroids.

9:25-9:40 JST

SOLAR SYSTEM TREKS

account_circle Brian Day  中1 佐々木柚榎  

アメリカのNASAが提供している惑星・小惑星のデータ可視化ポータルSOLAR SYSTEM TREKSについて、NASAのBrian Dayから紹介してもらいます。

9:40-10:00 JST
19:40-20:00 EST

Networking

account_circle Kazuo Tanaka

Q and A session for students and panelists.

9:40-10:00 JST

交流会

account_circle Kazuo Tanaka

発表した中高生・研究スタッフとQ&Aセッションとして交流することができます。

Panelist

Dr. Kazuo Tanaka


Representative of Accel Kitchen LLC, Paul Scherrer Institute

Mr. Kenneth Cecire


QuarkNet National Staff, University of Notre Dame

Dr. Ed Robeck


Head of Director of Education and Outreach at The American Geosciences Institute

Mr. Brian Day


Lead for Citizen Science and Community Development, NASA

Contact

  • corporate_fareAccel Kitchen LLC
  • location_cityTohoku University Business Incubator T-Biz 401, 6-6-40, Aza Aoba, Aramaki, Aoba, Sendai, Miyagi, Japan
  • email info@accel-kitchen.com
  • language https://accel-kitchen.com/

Supporter